それは放射線ではありません

放射線治療放射線治療は使用できる部位が限られているため、十分な癌治療法としてはいえません。放射線は、細胞のDNAに直接作用して、癌細胞(がん細胞)が分裂して数を増加させる能力をなくしたり、細胞が自ら死んでいくようにしたりして癌細胞(がん細胞)を死に至らしめます。放射線は癌細胞(がん細胞)だけでなく周辺の正常細胞にも同じ作用をしますが、正常細胞は癌細胞(がん細胞)よりは障害の程度が軽いといわれています。従来、放射線療法は化学療法と同じく「正常細胞に多大な影響を与える」とされていましたが、近年はコンピューターや治療機器の進歩により、周囲の正常な細胞に与えるダメージは少なくて済むようになってきました。しかし、放射線療法にも他療法と同じく副作用が存在します。放射線療法による副作用には治療終了直後(急性期)のものと、終了して半年から数年たった後(晩期)から出てくるものがあります。副作用の症状として一般的なものに、疲れる・だるい・食欲が無くなるというもの挙げられます。その他程度の差はあれ副作用と思われる症状が出る事があります。がん癌の根本的な原因簡単に説明すると、健康的な方は癌細胞ができても、免疫により、癌細胞を死に追いやることができます。一方、癌が増殖してしまう方は、免疫機能が衰えているため、癌細胞を殺すことができず、増殖していってしまうのです。つまり、免疫力を高めることが、皆様にできることなのです!なぜ、免疫力が低下してきているのか?厚生労働省による癌患者総数の推移をみると、昭和54年と比べて、平成20年では約3倍に増えています。これに対して、各医療の専門家の多くは食の欧米化が原因の一つであることを指摘しています。また、「1日30品目」食べなさいとよく言いますが、これは、白米を主食とした場合です。それに対して、玄米を主食にすると、「一汁一菜」これは玄米にビタミンやミネラルの数は・・・実に40種類以上あるからです!だからこそ、昔の時代、「玄米一汁一菜」で健康を維持できたのです。つまり、免疫力を高める上で玄米が効果的だということです!また、近年、玄米の抗がん作用も明らかにされています!外科手術2.化学療法(抗がん剤治療)3.放射線治療4.免疫療法:人間が本来持つ機能を生かした第四の治療法!外科手術がん細胞を完全に切除できるなら確かにベストの治療法です。しかし、手術で切除してもしぶとく生き残って再発したり、別の臓器に転移したりするのが癌です!末期進行性癌や難治性の癌では手術自体が不可能な場合も多くあります。化学療法(抗がん剤)抗がん剤は癌の増大を抑えることが目的で、細胞分裂を阻止する作用がある毒物(細胞毒性)です。抗がん剤は毒物なので、がん細胞だけでなく、正常な細胞(毛髪、血球、精子など)の製造も阻害する副作用もあります。抗がん剤の投与によって頭髪が抜けたり、高度な貧血になったり、痩せたりするのはこのためです。つまり、抗がん剤によって、癌細胞も死にますが、患者さんも衰弱して寿命も短くなる場合もあります。寿命の長さ(延命効果)は抗がん剤を投与した場合としない場合を比較しても変わらないというデータもあります。http://spirulina1.xyz/